2019年12月20日 更新

【大人の豆知識】意外と知らない、"おせち料理"の由来を徹底調査!

お正月といえば、何を思い浮かべますか?お年玉に初日の出。そして"おせち料理"を思い浮かべる方も多いですよね。毎年正月におせちを食べている方も、その由来まで説明できる大人はどれだけいらっしゃるのでしょうか?

71 view お気に入り 0

おせち料理の由来

gettyimages (4180)

お正月といえば「おせち料理」と言っても過言ではないくらい、どの家庭でも振舞われるおせち料理。しかし、あなたは、その由来や意味まで説明できますか?
gettyimages (4179)

そもそも、おせち料理とは、お正月に食べるお祝いの料理で、漢字では「御節料理(おせちりょうり)」と書きます。
もともと、おせち料理はお正月だけのものではありませんでした。
gettyimages (4178)

元旦や五節句などの節日を祝うため、神様にお供えして食べるものを「御節供(おせちく)」と呼んでおり、江戸時代にこの行事が庶民に広まると、一年の節日で一番大切なお正月にふるまわれる料理を「おせち料理」と呼ぶようになったそうです。
gettyimages (4186)

また、正月三が日はかまどの神様に休んでもらおうという気持ちの表れや、主婦を家事から解放するという意味も含め、おせち料理は保存の効く食材が中心のものになったといわれています。

おせち料理のルール

gettyimages (4181)

最近ではおしゃれな「おせち料理」が増えてきましたが、基本となるルールが存在します。
例えば、おせち料理は、「めでたさを重ねる」という意味で重箱に詰められており、各段ごとに詰める料理が異なります。
gettyimages (4190)

【おせちのルール①】一の重:祝い肴(ざかな)・口取り

gettyimages (4191)

43 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

管理者 管理者