2020年7月20日 更新

【後悔なし!】成人式で振袖選びを失敗しないポイントとは?

一生に一度の晴れ舞台で着る振袖は、絶対に失敗したくないですよね。しかし、納得できるものを選ぶ方法やポイントをご存知ない方も意外と多いのが現実です。今回は、皆さんが素敵な成人式を迎えられるよう、振袖選びを失敗しないポイントをご紹介いたします。

18 view お気に入り 0

振袖の由来

gettyimages (6860)

「振袖」は知っていても、その由来や意味を知らない方は多いと思います。
振袖=その名の通り「袖を振る」ことに由来しており、他の着物と比べて袖の長いのが特徴です。
gettyimages (6859)

昔の方々はこの袖を使って、相手への自分の気持ちを伝えていたそうです。 今でも「フる」「フラれる」という言葉がありますが、それもこの振袖に由来しているんだとか。
gettyimages (6858)

また、振袖が発達していったのは、江戸中期以降。
若い女性の盛装として特化していったそうです。長い袖を振ることは「魔を祓う」ことにも通じるため、縁起がよいともされてきました。
gettyimages (6861)

今日の振袖は、未婚の女性の第一礼装であり、成人式や披露宴をはじめとする晴れの日にふさわしい装いとされています。
柄や色は様々。皆さんはどんな振袖が着たいですか?

振袖の種類

gettyimages (6868)

振袖には袖の長さによって、大・中・小の3つのタイプがあります。
大(おお)振袖は、袖の長さが125cmで花嫁衣装。114cmはひとえに振袖と呼ばれ、花嫁のお色直しから成人式、謝恩会などに着られます。
gettyimages (6869)

中(ちゅう)振袖は、袖の長さは87cm~106cmほど。成人式、謝恩会、披露宴、初釜など、各種のパーティに最適です。
小(こ)振袖は、袖の長さは76cm~86cmほど。ちょっとしたパーティや、十三参りの少女用に用いられます。

振袖を選ぶポイント

38 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【夏の結婚式にオススメ】本当に似合うドレスを見つけるポイント!

【夏の結婚式にオススメ】本当に似合うドレスを見つけるポイント!

透き通る青空の下で、結婚式をあげたいと願うプレ花嫁さまへ!夏に挙げる結婚式はいかがでしょうか?夏の結婚式だからこそオススメしたいドレスや、夏に着るドレス選びのポイントなど。結婚式をご検討中の方必見の情報をお届けいたします。
管理者 | 21 view
【完全解説!】古民家をリノベーションするときのポイントとは?

【完全解説!】古民家をリノベーションするときのポイントとは?

昔ながらの雰囲気を残しつつ、時代に合わせた空間デザインができるため、最近注目を集めている「古民家のリノベーション」。他にもリノベーションすることのメリットは様々です。今回は、その古民家リノベーションをする際にチェックしておきたい【大切なポイント】をいくつかご紹介いたします!
管理者 | 14 view
【#ドレス迷子さん必見】自分に似合うポイントは〇〇にあった!?

【#ドレス迷子さん必見】自分に似合うポイントは〇〇にあった!?

結婚式において、もっとも楽しみと言っても過言ではないのが、「ドレス選び」ではないでしょうか?しかし、自分にはどのようなドレスが似合うのか?ドレスを見つけるポイントは何のか?#ドレス迷子さんが増えているようです。今回はそんな皆さまへ自分に似合うドレスの見つけ方をご紹介します。
管理者 | 10 view
【大人の第一歩講座】意外といらない、成人式のマナーとは?

【大人の第一歩講座】意外といらない、成人式のマナーとは?

成人おめでとうございます。みなさんどんな大人になりたいですか?思い描いていた20歳になっていますか?大人は大変なことも多いけれど、楽しみが広がりワクワクが増えていきます!そんな節目として行われる成人式の「意外と知らないマナー」について、今回はご紹介致します。
管理者 | 35 view
【#ドレス迷子さん必見】似合うドレスの選び方とポイントとは?

【#ドレス迷子さん必見】似合うドレスの選び方とポイントとは?

結婚式でウエディングドレスを着ることは女性にとっての憧れではないでしょうか?一生に一度の大切な瞬間は一番綺麗な衣裳を身にまとい、想い出のひと時としたいですよね。しかし、ドレスはただ"可愛い"だけで選ぶのをNG!本当に似合う一着を探すポイントをご紹介します。
管理者 | 44 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

管理者 管理者